English ホーム
秋霜とは晩秋に降りる霜のことを指し、寒さに慣れていない人間にとって厳しい状況を意味します。
バックナンバー
2020年(2)
2019年
vol.55 頭が悪い
vol.54 混沌
vol.53 死にはぐり
vol.52 人格と責任
vol.51 垣根を超えた
vol.50 制度疲労
vol.49 理性と感情
2018年(4)
2017年(3)
2016年(3)
2015年(3)
2014年(4)
2013年(3)
2012年(3)
2011年(7)
2010年(6)
2009年(5)
2008年(4)
2007年(3)
Vol.53 死にはぐり
2019年08月21日
 私はこれまでに3回、死にはぐりました。上には上がいるもので、私の知人でマンションの理事長を長年務めている方は、7回死にはぐっています。

 不思議なことに、死にはぐりの経験を積む程に腹が座り、多少の事では驚かなくなります。又、社会経験を積む程に事の成り行きが見え、決着の仕方も想像出来、それが当たります。

 要するに、人間は経験を積む程に強くなり、賢くなるのですが、その為には常に前を向きチャレンジする生き方が求められます。物事に背を向け逃げていては経験を積めません。

 そして面白い事に数年前から「それがどうした」と言う開き直りの心情が芽生えて来ました。

 「百の説法屁一つ」と言う言葉があります。これは、僧侶がいくら仏の教えを説いても、その最中に屁をしたら教えが無に近くなるという例え話です。

 長い人生を振り返れば、その時は真剣に悩み苦しんだあれこれが、懐かしく思え、数限り無く失敗して来た人生であっても、「それがどうした」と開き直れるようになりました。
菅谷 勝






Copyright© 2019 Niccho Inc. ALL rights reserved.