English ホーム
秋霜とは晩秋に降りる霜のことを指し、寒さに慣れていない人間にとって厳しい状況を意味します。
バックナンバー
2021年(4)
2020年
vol.59 大学教育
vol.58 親が死んでも
vol.57 免罪符
vol.56 人口減少
2019年(7)
2018年(4)
2017年(3)
2016年(3)
2015年(3)
2014年(4)
2013年(3)
2012年(3)
2011年(7)
2010年(6)
2009年(5)
2008年(4)
2007年(3)
Vol.59 大学教育
2020年11月19日
 私は学生時代に教職課程を履修し、教員免許を取得しました。僻地教育に関心を抱いていたのですが、4年次の夏に父から「独立するから手伝え」と言われ、調査の世界に入りました。
 そして30代半ばの頃、中学校の同窓会に参加した時の事です。クラスメートに公立大学で教職に就いていた人物がいて、特定の政党を支持する持論を展開したのです。

 血気盛んだった私は、「学生を特定の方向へ誘導して、将来の責任を持てるのか」と反論しました。高校生の生活範囲は、学校と家庭が殆どで、これにサークル活動や塾が加わるのが大半です。ですから、大学1年生の学生達は免疫力に乏しく、白紙にインクを垂らす様にして染まってしまいます。

 学生時代の私は、尊敬する教授から、「言葉を丸暗記するのでは無く、言葉の意味や背景を読み解く必要が有る」と教えられ、以来、何事にも「何故?」と考える様になりました。
 天下国家を論じるには社会を知る必要が有り、更に社会を構成する自治体、次いで家庭へ、最後に個々の人間とは?、人生とは?、に辿り着いたのです。

 国立や公立の大学は国民の税金で100%運営されており、特定の政党やイデオロギーの宣伝機関では有りません。これは学問の自由、思想の自由とは別の次元の話であり、国立や公立で教鞭をとる学者は、飽くまでも学生が社会に出て困らない様に、又、自分の頭で判断出来る様に、基礎固めの教育に徹するべきだと考えます。

 自分の主義主張を論じたければ、明治維新の火種の一つとなった、松下村塾の様な私塾で行うべきだと思うのです。
菅谷 勝




Copyright© 2021 Niccho Inc. ALL rights reserved.