English ホーム
秋霜とは晩秋に降りる霜のことを指し、寒さに慣れていない人間にとって厳しい状況を意味します。
バックナンバー
2017年(2)
2016年(3)
2015年(3)
2014年
vol.35 親孝行は親の為ならず
vol.34 即断即決
vol.33 年を重ねる
vol.32 ストレス
2013年(3)
2012年(3)
2011年(7)
2010年(6)
2009年(5)
2008年(4)
2007年(3)
Vol.33 年を重ねる
 1944年生まれの私は今年70才になりました。調査の世界に入って48年になります。若い頃は向こう見ずの所謂、猪突猛進型だった為、父から猪武者と言われ、親子喧嘩は日常茶飯事でした。そんな私も年を重ねるに従い、周囲から「角が取れて丸くなった」と言われる様になりました。

 人は誰もが長所、短所を兼ね備えています。昔、「欠点の無いのが欠点」という言葉が流行したのも、人間に短所は付き物という共通認識があったからです。面白いのは長所と短所が概して裏返しというか、対極線上にあるのです。
行動的⇔粗忽、慎重⇔スロー等が代表例です。

 逆にこうした長所、短所が目立たず、適度にバランスの取れたタイプもありますが、安定感を人に与える半面、没個性的と評価されたりします。又、若い時からバランスが取れているのと、年を重ねてバランス感覚を身に付けるのとでは、大きな違いがあります。

 それと言うのも、一芸を極めたり、組織のトップに立つ人は、概して強い個性を持ち、長所、短所が大きく突出しているケースが多いのです。この突出した部分はその人の持つエネルギーの噴出孔で、エネルギーの強い人ほど成功する確率が高いと私は考えます。

 ですから、若い時のアンバランス、欠点は、一概に悪いとは言えません。むしろ短所を問題視するあまり、長所も殺してしまう結果になりかねません。短所は人生経験を積む過程で、徐々に修正して行けば良いのです。

 昔から「角を矯(た)めて牛を殺す」という諺もあります。
菅谷 勝

Copyright© 2016 Niccho Inc. ALL rights reserved.