English ホーム
秋霜とは晩秋に降りる霜のことを指し、寒さに慣れていない人間にとって厳しい状況を意味します。
バックナンバー
2018年(2)
2017年(3)
2016年(3)
2015年(3)
2014年
vol.35 親孝行は親の為ならず
vol.34 即断即決
vol.33 年を重ねる
vol.32 ストレス
2013年(3)
2012年(3)
2011年(7)
2010年(6)
2009年(5)
2008年(4)
2007年(3)
Vol.34 即断即決
 昔と違い、現代社会はコンピューターやテレビに代表される情報のグローバル化が著しい為、何かにつけスピードを要求されます。そして社会も目まぐるしく変化し、「十年一昔」はもはや死語で、「五年一昔」の感すらあります。
 
 しかし、「即断即決」は昔から言われている時代を超えた言葉で、特に経済界では座右の銘としている人も少なくありません。それだけ私達の生活の中では重要なファクターなのだと思います。

 一方、「熟慮断行」も座右の銘として用いられます。 世間では人を評価する時に「即断即決タイプ」か「熟慮断行タイプ」かで色分けするケースが多い様に思われます。しかし、これは違うと私は考えます。

 ビジネスの世界を例にとれば、スピードを要求される取引やトラブル処理等では「即断即決」を求められますが、経営の基本戦略では「熟慮断行」が必要です。重ねて言えば「即断即決」と「熟慮断行」とでは、判断する対象が違う訳で、優れた経営者は両方を兼ね備えているケースが多いのです。ですから「即断即決タイプ」か「熟慮断行タイプ」かで一人の人間を色分けすることは、視点が違うと私は思います。

 いずれにせよ、「即断即決」したり「熟慮断行」したりするには、深い知識と経験に加えて鋭い洞察力が必要で、「拙速」ばかりであったり、「石橋を叩いても渡らない」のでは話になりません。
菅谷 勝

Copyright© 2016 Niccho Inc. ALL rights reserved.