English ホーム
秋霜とは晩秋に降りる霜のことを指し、寒さに慣れていない人間にとって厳しい状況を意味します。
バックナンバー
2018年
vol.47 想定外
vol.46 咳をしても一人
vol.45 男の寿命
2017年(3)
2016年(3)
2015年(3)
2014年(4)
2013年(3)
2012年(3)
2011年(7)
2010年(6)
2009年(5)
2008年(4)
2007年(3)
Vol.45 男の寿命
2018年03月12日
 私事で恐縮ですが、私の妻は昨年まで15年間、民生委員を務めた他、併せて自治会、老人施設、小学校、社会福祉協議会等の役員、相談役、顧問を務めて来ました。

 私が70才の折に、その妻から「夫は妻より先に死んだ方が幸せ。妻に先立たれた男は惨めなものよ」と言われました。 民生委員を天職と心得、数多くのお年寄りを見守って来た末の判断と納得しただけに、別段、腹も立ちません。

 そこで、「何歳くらいで死ねばいいのか」と聞くと、「そうね〜、80才」と言います。ですから私は言いました。「それならあと10年だから、3650枚の日めくりカレンダーを作ってくれ」と。

 それから4年が経過したので、私の余命はあと6年。
 そこで思い出しました。私が30歳代の頃、平均睡眠時間が5時間弱という、死にもの狂いに働いていた姿を見ていた妻が、「早くリタイアしていい。その後は私が働くから」と言いました。

 ところが、私が60歳代後半の頃だと記憶していますが、妻は「男は死ぬまで働いた方がいい」と言い放ったのです。善意に解釈すれば「働き続けて最後はピンピンコロリ」を考慮してのことかも知れません。

 幸い健康に恵まれ、会社も私に働く場を与えてくれているので、週4日前後のペースで出勤しておりますが、残された6年をどうするか、真剣に考えております。
菅谷 勝

Copyright© 2018 Niccho Inc. ALL rights reserved.